唐揚げが劇的にうまくなる二度揚げの温度と時間

唐揚げのできあがりがいつもイマイチ、何度やっても失敗ばかりで、おいしい唐揚げができない。

唐揚げを作るときによくある悩みですが、コツさえつかめば、あなたも「外はカリカリ、中はジューシー」に仕上がります。

二度揚げ」することで、唐揚げは劇的においしくなります。低温(160℃)と高温(180℃)の2回に分けて揚げます。

この記事の手順で何回揚げても失敗しませんし、家族にもよろこばれています。

唐揚げがうまく作れなくて悩んでいる人は、ぜひ試してください。

唐揚げの作り方

子どもから大人までみんな大好きっ!

ごはんも進むし、お酒も進む!家族がシアワセになれる食卓です。

今日もおいしい唐揚げを作りましょう!

鶏肉を切る。

鶏肉を2cm角に切ります。

軟骨やスジ、余分な脂も取り除きましょう。

火の通りを均等にするために材料を同じ大きさに切るのは、揚げ物に限らず料理の基本です。

下味をつける。

ボウルの中でしっかり素手でもみ込みます。体温によって鶏肉の脂がほど良く溶けて下味が良くなじみます。

下味の分量(鶏もも肉2枚分)
  • しょう油:大さじ2
  • 紹興酒:大さじ2(なければ清酒)
  • 塩:小さじ1/2
  • 砂糖:小さじ2
  • ねぎ(青い部分):2~3本
  • にんにく:1かけ
  • しょうが:1かけ

漬け込む時間は20分です。

漬けすぎるとしょう油が焦げてしまうのでご注意を。

片栗粉をつける。

ポリ袋を使って、まんべんなく片栗粉をつけます。

三角の抽選くじがエアーで飛ばされて、くるくる回るヤツがあるじゃないですか?あんな感じでポリ袋を膨らませて、くじのように鶏肉を振るとまんべんなく粉がつきます。

そして、できるだけ薄化粧で!

唐揚げを揚げる温度と時間

二度揚げする

これがサクッとジューシーなから揚げのコツです。

まずは160℃で4分揚げます。

一度に入れる鶏肉の量は油の表面積の半分が目安です。

4分揚げたら、バットで4分休ませます。

仕上げに高温(180℃)でパリッとさせてできあがりです!

美味しい揚げ方
  • 160℃で4分揚げる。
  • バットで4分休ませる。
  • 180℃で1分揚げる。

低温(160℃)で揚げた鶏肉をいったん取り出して休ませます。

休ませている間にじんわり火を通します。

休ませている間に鶏肉の水分が出てしまうので、それを飛ばすためにもう一度上げます。

これでカリっと仕上げることができます。

これでアナタも唐揚げマスターです!

おいしい唐揚げの揚げ方まとめ

おさらいです。覚えておくことは3つです。

美味しい揚げ方
  • 160℃で4分揚げる。
  • バットで4分休ませる。
  • 180℃で1分揚げる。

唐揚げは、高温で一気に揚げるとカリっと仕上がると思われがちですが、実はそうではなく、じっくり低温から揚げて、仕上げに高温で揚げることで最高の唐揚げができますよ!

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥2,115 (2024/06/18 08:15:57時点 Amazon調べ-詳細)

揚げ物には鉄製の中華鍋がとても重宝します。

さびないように手入れはいるし、保管に場所を取りますが、手荒らに扱っても丈夫なので揚げ物の必需品です。

えびフライやカキフライ、とんかつにも大活躍まちがいありません!

おまけ:おいしい手羽先の揚げ方

170℃で5分揚げてください。

5分じゃないと、骨の近くまで火が通らないのです。

うま味調味料をふって、4~5分休ませてから食べましょう。

なおしろ
なおしろ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

作るのが面倒なら大阪王将の唐揚げ!

コメント